のぼうの城

感想・レビュー

武州の忍城・頼りない城代 成田長親は領民から”のぼう様”と呼ばれていた。のぼう様とは、でく”のぼう”に一応”様”を付けて呼んでいるだけである。
そんなのぼう様の居る忍城に
秀吉の送り込んだ石田三成軍勢が二万の軍勢が戦を申し入れてきた!
“のぼう様”を支える個性的で優れた家臣たち二万の軍勢にどう立ち向かうのか…。
文体が特長的で、いきなり歴史的な背景や資料にの記述がされているのが読み始めはきになったのですが、途中からそれも気にならないほど楽しく読めました。
のぼう様を筆頭に
武辺の一等家老の丹波、小さい体だが戦の天才だと謳う靭負、丹波ではなく己が武辺一等だと思っている和泉、坂東武者たちの武者ぶりがとにかくカッコイイ!!武士の誇りいいですねー。個人的には丹波が好きです。敵へ一人で突っ込むとこなんてかっこよすぎです。敵の石田三成が頭みずから敵地へ赴くなどこれもまたいい!ジャーン!!!!と効果音をつけたくなるほど男っぷりがよくかっこいいシーンがいくつもありました。これが男!これが武者!次の作品にも期待大!です。

↓ブログランキング参加中!よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログランキング

この記事のトラックバック用URL


「のぼうの城」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です