あと少し、もう少し

瀬尾 まいこ

あと少し、もう少し、みんなと走りたい。

あらすじ

陸上部の名物顧問が異動となり、代わりにやってきたのは頼りない美術教師。部長の桝井は、中学最後の駅伝大会に向けてメンバーを募り練習をはじめるが…。元いじめられっ子の設楽、不良の大田、頼みを断れないジロー、プライドの高い渡部、後輩の俊介。寄せ集めの6人は県大会出場を目指して、襷をつなぐ。あと少し、もう少し、みんなと走りたい。涙が止まらない、傑作青春小説。「BOOK」データベースより

感想・レビュー

瀬尾まいこさんというと、
「卵の緒」や「幸福な食卓」というイメージを個人的に持っていますが、
今回は青春ものです。

正直、結構前に読んだ作品なので、うろ覚えですみませんが書いてみます。。

物語は、章ごとに主人公が変わる形で、
一人称が変わることで、一人一人の心の揺れまで描かれていきます。

不良の大田が、
大胆そうに見えて、小心者で何気に遠慮していたり。
すごく必死に走る、元いじめられっこの設楽。
部長の桝井。(何気に主人公?)
後輩で成長株の俊介。
頼みを断れないジロー。

個人的には、もう少しページ数を増やして、
エピソードを肉付けしても良かったかも。

でも設定は中学生。
これくらいが丁度いいか。と思ったりして。

また読みたくなる作品ですね。

[star rating=”4″]

↓ブログランキング参加中!よかったら応援して下さい。
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ ブログランキング

この記事のトラックバック用URL


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です